9月10日付のWSJ記事 EdX, Google to Create New Online Education Siteによると、GoogleがMOOCsに本格参入とのこと。いわく、

  • ハーバードとMITが主体となっているオンライン教育サービスEdXのホスティング(MOOC.org)をグーグルが提供 (2014前半にオープン)
  • 従来のEdXにおいては、ハーバード、MIT、Calバークレー、スタンフォードに限定されていた講座の公開を、MOOC.orgでは他の大学にもオープンにする
  • これは、EdXのライバルであるCourseraが2013年5月に行った、そしてUdacityが2013年9月に行ったオープン化(Open Education Alliance)への対抗措置ではないか
  • Googleは、1年前からCourse Builderを提供してオンライン教育に手を染めていたが、その流れを本格化したのであろう

とのこと。

あ、MOOCsは、Massive Online Open Coursesのことで、詳しくは下記で。

もう止まらない?アメリカ発、人材育成の「マッシブ化」

ちなみに、googleはOpen Education Allianceにも協力してますから、ある意味全方位外交。てか、本文中にも触れられていたけれど、キュレーションをやりたいんだろうね、本音では。

教育のキュレーションは、ウチでもビジネスモデルとして考えたことがあって、それ用のテクノロジーであるSBFを持っているのでタイミングとリソースさえあれば本気でやりたいんですけどね。

とはいえ、googleが参入するとなると、どうかな~という感じ。いっそgoogleがうちのテクノロジーを買ってくれないかな。