シンメトリー・ジャパン代表 木田知廣ブログ, Stay Hungry, Stay Foolish

社員のビジネススキルを加速するMBA式人材育成

*

プロから見てもうなずけなくはない「MBA不要論」

      2016/09/12

やや旧聞になりますが、2015年7月22日付日経新聞に、国際性+IT力、IMDが磨く スイスのビジネススクール デジタル講座を開講と題された記事がありました。いわく、スイスの名門ビジネススクールIMDでは、近年ITに力を入れているとのこと。「ITを駆使した経営モデルの変革が必要」ととなえるテュルパン学長の下、9月からは「デジタル・ビジネス・トランスフォーメーション」という講座を開講するようです。

それはそれで素晴らしいな、と思いつつ、「じゃあ、ビジネススクールの意義はなんなの?」と考えてしまいました。IT業界ではもともと、「MBAなんていらない。それくらいなら自分で起業しちゃえ」という考え方があって、先日もホリエモンこと堀江貴文氏が、「過度な学びは遠回りになるから危険」との説を述べています。

なんて話をしていると、MBAホルダー界隈から、「何を言っているんだ、そういう人はMBAの真価を理解していない」てな反論があるのですが、MBAで教えている立場から見ると、「MBA不要論」はうなづけなくはないのですよ。て言うのは、MBAのプログラムって国内だけでもものすごく増えたじゃないですか。そうすると、正直なところ「粗製濫造」って感じるところもあるんですよね。

先日も国内の某スクールを卒業した起業家2名に会いましたが、なんての、「幼いな~」と言うのが正直な印象。まあ、起業家として純粋なところを目指しているのは分かるんですが…。理屈先行で小難しい言葉だけを並べたって、ビジネスはうまく行かないんじゃないかな~って心配になってしまいました。

これ、世間の人が見たらどう思うかって言うと、やっぱり「MBAなんて言っても、たいしたことないな」という人が出てくるのは当然だと思うんですよね。なので、ある意味MBA不要論は正しいな、と感じています。てことは、要するにMBAって言う言葉でひとくくりしているのが悪いわけで、これからは単に「MBAホルダー」だけじゃなくて「どこの学校を出たの?」がますます問われると思うんですよね。もちろん、そんなのはヘッドハンティング業界では当たり前に言われてきたことなのですが、ようやく世間的にも認知されてきたというか。なので、これからMBA取得を考えている方は、ますます「どの学校に行くか」が重要になってくると思います。

ちなみに、ランキングだけをアテにして学校選択するのはダメですからね。もちろん、ランキングには自己成就的な側面がありますが、それでもそれ「だけ」に頼っちゃダメ。自分の目で確かめる必要があります。

木田の講師養成メールセミナー(全7回)

木田の「黒歴史」と講師としての使命<ミッション>をまとめました。

メールアドレス
 

MBA photoPhoto by opensourceway

 - ビジネススクール

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

Photo by skeeze
「良い本」を書けるのは「良い先生」とは限らない?

Tweet Tweet本日の日経に「MBA国内で取るなら 識者が薦めるビジネスス …