イギリスでは、ひものついていないティーバッグが多い。ロンドンにいる間にずっと疑問を感じていた。「カップの底に沈んじゃったティーバッグはどうしているんだろう?」

イギリス人は、面の皮が厚いから(失礼!)、指先の皮も厚くてティーバッグも指でつまみ取るのだろうか?などと想像していたが、その謎が解けた。

ティーバッグ・スクイーザーなる専用の道具があったのだ。要するに、トング。あるサイトによると、

<a href=”http://www.sawa.co.uk/shop/shop.htm” mce_href=”http://www.sawa.co.uk/shop/shop.htm”>ティーバッグをマグから取り出す+絞るためのイギリスならではの道具。スプーンで絞るよりも、しっかり絞れるから、濃い紅茶が好みの人 におすすめ。</a>

とのこと。

なーるほど、ね。