幼児教育の手法「モンテッソーリ」を実践している幼稚園を見学してきた。

バリバリの硬派、とでもいうか、モンテッソーリ原理主義、とでも言うべきか、
少人数でしっかりとモンテッソーリ法を実践しているところだ。

モンテッソーリの目的は、自主性のある子どもを育てることにあり(たぶん)、確
かに子ども一人で「お仕事」(モンテッソーリ法独特の教材?教具?を使った一
人遊び)をやっていたり、お片づけをする姿は驚くものがある。

でも…

本当の「自主性」って何だろう?

なんか、決められた教具を使って、決められたとおりに遊んでいる、という気が
してしまわなくもない。

もちろん、それがモンテッソーリ法そのものに由来するものなのか、運営方法に
よるところなのかは分からないが…

いろいろと考えてしまった。