シンメトリー・ジャパン代表 木田知廣ブログ, Stay Hungry, Stay Foolish

社員のビジネススキルを加速するMBA式人材育成

*

ハイキュー!!一気読みしてみた

   

「劇的青春」 ハイキュー!!を4時間半で一気読み

仕事の都合で少年ジャンプ掲載中のマンガ「ハイキュー!!」を一気読みしてみました。1巻から10巻まで、かかった時間は4時間半。王道の少年マンガって感じで、いいですね。ってか、今調べたら既刊は28巻、だ、とぉ。どんだけ先が長いんだ。

ストーリーは、ごく簡単に言っちゃうと、熱血バレーボール物語、という感じでしょうか。私個人はバレーボールはあまり興味なかったんだけど(そもそも球技苦手)、思わずやってみたくなるような魅力満載。

この手のスポ根ものって、昔は主人公とそのライバルばかりがフィーチャーされていたんですが、スラムダンク以降個々のキャラクターのかき分けがされているような気がします。ハイキュー!!においても、主人公の日向、影山以外にの烏野高校プレイヤーはもちろん、ライバル校のプレイヤーも本当に存在感が感じられます。てか、スガさんどんだけオイシイところ持っていってるんだ。

ちなみにハイキュー!!のwikiを見ていたら、「ワールドトリガー」の作者葦原大介先生は、この作品に影響を受けたとのこと。あぁ、それでハイキュー!!読みながら、なんとなく既視感があったんだ、と納得です。どちらも「持たざる主人公」がどうするかっていうお話しだしね(ハイキュー!!の日向は身長を「持たざる」)。

サーバント・リーダーシップは縁下力?

で、そもそもの「仕事の都合」ってのですが、プレジデント・オンラインさんで最近「リーダーシップ」に関する連載を始めました。第1回目を読んだ編集部から言われたのが、具体的な社名や人名などを入れて欲しい、と。

その方が読者がイメージを持ちやすいというのは分かるんだけど、じゃあ、誰を題材にしようかとハタと悩んでしまいました。だって、今更超有名なビジネスリーダーの話を聞いても面白くないでしょ?「ソフトバンクの孫さんのリーダーシップはぁ…」なんて。

とくに次回のテーマは「サーバント・リーダーシップ」なので、余計に実在のリーダーを取り上げにくいですね。「オレってサーバント・リーダーだぜぇ」とアピールする人はいないわけで。

そこで、マンガ。いや、マンガじゃなくてもいいんですが、誰もが分かるイメージのサーバント・リーダーって誰かと思い、「縁の下の力持ち キャラクター」でググってみたのです。で、たどり着いたのが、【アニメ漫画キャラの魅力】最強で最高の縁の下の力持ち「縁下力」の魅力とは?『ハイキュー!!』で説明されている、ハイキュー!!のキャラクター縁下力(えんのしたちから)君だったわけです。

ちなみにハイキュー!!は、キャッチコピーが「劇的青春」と言うだけあって、キャラクター一人ひとりがとんがっていて、それぞれにリーダーシップ・スタイルがあると感じます。いっそプレジデント・オンラインのテーマを、「ハイキュー!!に学ぶリーダーシップ」としちゃおうか、なんて思いました。

ハイキュー photoPhoto by Aselluss Photography

 - リーダーシップ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

Image from page 119 of
コッターの変革の8ステップって使えるの?

Tweet Tweetフレームワークにも好き嫌いがあって、個人的にはコッター先生 …