当社の人事向け勉強会の一環として、昨日、中原圭介先生をお迎えして講演会を開催しましたので、感想を共有します。

リアルに来るAIに仕事を奪われる時代?

中原先生の勉強会、テーマはAI(人工知能)、人口減少時代の人事のあり方を考えようというものです。

その中で印象的だったのが失業率の話。

中原先生曰く、人工知能が職場に採り入れられることは明白で、そうなると単純な事務作業は不要になって行くであろう、と。結果として失業率が上がるのではないかとの予測です。

これは、なるほど。確かにAIに仕事を奪われるという文脈の考察はよく聞きます。

AIが普及しないという地獄

ところが、中原先生はもう一つ別のシナリオも話してくださって、それが衝撃。

それは、AIが普及しないと言う未来。

中原先生曰く、日本のサラリーマン経営者は、AIに思い切って投資をするという決断ができないのではないか、と。実際に、今大きくAI導入に舵を切っているのは創業経営者がいる会社だそうです。

そうすると、グローバルの戦場では外国企業に負けてしまい、日本企業は業績悪化。やはり人を切らざるを得なくなり、やはり失業率は上がるのではないかとの予測です。

ちなみに、裏話的に話してくださったのですが、二つ目のシナリオはリクルートのワークス研究所所長、大久保幸夫さんとの会話の中から生まれてきたものだそうです。

米国におけるAIへの興味は

AIに関しては、日本は厳しい状況というのは分かったのですが、比較として米国を考えてみましょう。

先週参加した世界最大の人事カンファレンスATDでは、300を超えるセッションがありましたが、その中からAIに関するものをピックアップしてみました。

  • Using AI and Analytics to Deliver High-Impact Leadership Development (効果的なリーダー育成のためのAIとアナリティクス利用法)
  • Implementing Machine Learning and AI in Learning—Global Cases and Best Practices (機械学習とAI学習を実践する-グローバルなケースとベストプラクティス)
  • Leveraging AI to Supercharge Sales Effectivene (営業の効率をスーパーチャージするAI活用法)

の三つです。

このタイトルを見る限り、米国においてはAIは「導入しようか、しまいか」と迷うものではなく、「どうやって活用して成果を上げるか」と言う位置づけであるように見えます。

米国に負けないためにも、AI導入に積極的に取り組むのも、人事部門の役割ではないかと思います。

artificial inteligence photo