Zoomの「バーチャル背景」機能を使うため、グリーンスクリーンを買いました。結果としては、想像以上にキレイにできますね。

Zoom主催者セミナー

Zoomのバーチャル背景の失敗例 

こんにちは。MBAの三冠王ことシンメトリー・ジャパン代表の木田知廣です。

Zoomのセミナーをやっていると、よく「バーチャル背景」の質問をいただきます。好きな画像を自身の背景にすることができるので、リモートワークで自宅の様子を人に見られたくない人には便利な機能です。

ただ、パソコンのスペック(性能)によってはうまくいかないこともあります。 こんな様子で、生首状態ですね(笑)。

ScreenClip

Zoomバーチャル背景用のグリーンスクリーンを買ってみた

ということで、グリーンスクリーンをアマゾンで買いました。こ
れ、画面上で見るとポールも一緒に入っているみたいに見えますが、実際には布だけです。もう、緑の布1枚。

普段はこんな感じでホワイトボードを背景にZoomセミナーをやっているのですが…

Zoomバーチャル背景

グリーンスクリーンをかけるとこんな感じ。
Zoomバーチャル背景

表面は結構しわしわで、こんなのでほんとうにうまくバーチャル背景が機能するのか若干心配です。
Zoomのバーチャル背景

Zoomバーチャル背景を使ってみた

バーチャル背景を使わないと、こんな状況です。

ScreenClip

では、いよいよバーチャル背景を使ってみましょう。 Zoomの設定画面の左メニューから、「バーチャル背景」を選んで、適当な画像を選択すると…

キレイに背景が移るようになりました。

ScreenClip

ただ、上の方は、グリーンスリーンがキレてしまいます。なので、イスとスクリーンの距離はかなり近め。
Zoomのバーチャル背景

ちなみに、Zoomのバーチャル背景を使いこなすとこんな遊びもできます。

家庭でのZoomバーチャル背景の利用のために

一方、家ではどう使うのという問題が出てきます。ホワイトボードはないですからね、普通の家庭は。

洗濯物の物干し竿を渡してその上にかけても良いのですが…
Zoomバーチャル背景

カーテンにつるすのが、一番早いかもしれませんね。

Zoomバーチャル背景

Zoomバーチャル背景の設定

最後に、パソコン(Windows)でのZoomバーチャル背景の設定方法を解説します。まずはスタートメニューの「Start Zoom」をクリックしてZoomのクライアントを起動。右上の歯車マークをクリックして設定画面を開きます。

設定画面には、左側にメニューが並んでいます。上から、一般、ビデオ、オーディオ、画面を共有、チャット、バーチャル背景、レコーディングしています、プロフィール、統計情報、フィードバック、キーボードショートカット、接近性、となっています。ちなみに接近性は、英語バージョンではaccessibilityなので、目や耳が不自由な方へのサポート機能でしょう。クローズドキャプションで字幕を投影すれば、耳の不自由な方も文字で読んでコミュニケーションできます。また、チャットの文字の大きさも指定出来るので、老眼の人にも優しそうです。

この中から選択するのは「バーチャル背景」。画面下の「グリーンスクリーンがあります」にチェックを入れて(というか、スペックが低いパソコンでは、このチェックをはずそうとすると「コンピュータが要件を満たしていません。ご使用のコンピュータが、グリーンスクリーンの背景なしでこの機能を使用するための最小要件を満たしていません」というメッセージが出てきてしまい、チェックをはずすことはできません。

お次は画像の選択です。「仮想背景を選択して下さい」の中から好きな画像を選択、もしくは右側にあるプラスのアイコンをクリックすると、パソコン上に保存されている好きな画像を背景として指定出来ます。

Zoomクライアントの設定画面にはプレビューがありますので、これで仕上がりを確認してから、右上のバッテンマークをクリックして終了です。

ちなみに、Zoomバーチャル背景でグリーンスクリーンを使わなくてすむためには、どのくらいの性能が必要なのかを確認するために、「詳細」をクリックしてみました。Zoomの米国のウェブサイトに飛ぶので英語での表記ですが、下記いずれかの条件を満たしている必要があるとのことです(2020/04/24現在)。

Zoomバーチャル背景の要件オプション1 

Zoomデスクトップクライアントのversion 4.4.53582.0519以降

Windows 7, 8, もしくは 10の64-bit

CPUは第4世代インテルi7クアッドコアかそれ以上

Zoomバーチャル背景の要件オプション2

Zoomデスクトップクライアントのversion 4.5.4 (5422.0930)以降

Windows 10 64-bit

CPUは第6世代インテルi5デュアルコアかそれ以上

但し書きとして、「もしCPUがインテルi7クアッドコアかそれ以上でなければ、内蔵GPUをenableにするか、GPUグラフィックドライバーのバージョンが23.20.xx.xxxx以降」との記載があります。

前ページ
第5回 岩男秀一著サルでもわかる「LINE@とZoom」で一気に売上が伸びる13の鍵: そして時代はLINE@ビジネス3.0へを読む
次ページ
第7回 Zoomのセキュリティ対策を読む
 
  Zoomの使い方のページに戻る  

この記事を書いた人

MBAの三冠王木田知廣

木田知廣

MBAで学び、MBAを創り、MBAで教えることから「MBAの三冠王」を自称するビジネス教育のプロフェッショナル。自身の教育手法を広めるべく、講師養成を手がけ、ビジネスだけでなくアロマ、手芸など様々な分野で講師を輩出する。

ブログには書けない「ぶっちゃけの話」はメールマガジンで配信中