いや~、久しぶりに「やらかし」しちゃいました。けっこうイタイですよ。お金もさることながら、あんだけ労力かけたのにって。

 

■■ 夢をかなえるマネー術 Vol.421 ■■━━━━━━━━━━━━━━━

今週はテンション低いままですいません。

(編集後記につづく)

<目次>──────────────────────────────

【1】「ファックスDM」を勝手格付け

【2】外国人が見た日本の不思議 米国でももはや下火?ファックスDM

【3】復活!銀座ランチマップ なつかしの じゃんがらやっぱり うまかった

【4】マネカレ指数 ~日経平均を1万円で買い続けるとどうなる?~

【1】マネー情報を勝手格付け世にあふれるマネー情報、「使える」のはどれだ?

今回は経営者 or サムライ業としてご自身で商売している方向けの内容です。

テーマは、集客。

そのツールとしてファックスDMを使ってみたので、どのくらい効果があったかを共有したいと思います。

まず、そもそものファックスDMとはですが、その名の通りファックスで宣伝を送って、お客さまを集めようと言うもの。当社の場合はセミナーに来ませんか?というのを港区・千代田区・中央区のお客さまに送りました。

その数6,000件。さあ、この中から何社が実際にセミナーに来てくれたでしょうか?

答は、1社。

はっきり言って、かなりショックです。お金も労力もかけた結果、1社ですか。1/6,000ですから、反応率0.017%ですよ。

その会社から事前に聞いていたのは、ふつうは反応率は0.1-0.3%とのこと。つまり、6,000件DMを送ったら、最低でも6社、できれば20社ぐらい来るかと思っていたんですけどね。

ということで、経営者の方、ファックスDMを使う時は要注意です。

分 野 :☆ふやす ☆かりる ★つかう ☆そなえる ☆かせぐ

難 易 度:★★★☆ (中上級者)

オススメ度:☆☆☆☆ (星なし)

●データ

サービス名:ファックスDM

分 類 :集客サービス

発行頻度 :-

提 供 者:-

閲覧者数 :-

H P :-

【2】外国人が見た日本の不思議世界のメディアはどう伝えたか~

「勝手格付け」で紹介したファックスDM、米国では「ダイレクト・マーケティング」というくくりになります。その総本山とも言えるのが、ダイレクト・マーケティング・アソシエーション (DMA: Direct Marketing Association)。

ウェブサイトを見ると、ものすごい情報量ですよ。当たり前ですが、この分野も米国の事例は参考になりますね。

ただ、ファックスDMについてはほとんど記載されていないみたいで、米国でもこの分野は下火なんでしょうか。

【3】「銀座ランチマップ」今週のイチオシは?~

内幸町に引っ越してからあまりいけなくなっていた「じゃんがららぁめん」に久しぶりにお邪魔しました。

やっぱ、これね。「つけちゃん」の熱盛り、大盛り。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10205436135687217&set=o.287009508078805&type=3

じゃんがららぁめん (つけちゃん、810円)

マネカレ・バリュー:★★★ (3つ星)

分煙状況:確認できませんでした

アクセス:https://www.facebook.com/GinzaDeLunch

【4】マネカレ指数日経平均を1万円で買い続けるとどうなる?~

一時的ではあるけれど、2万円台回復ですって。相場は不思議ですよね。

2015年12月2日の

マネカレ指数: 11,945円

日経平均株価: 19,938円

これまでの投資金額: 4,690,000円

儲け: 3,138,480円

単純な利益率: 66.9%

1ビットコイン=355.25ドル=43,174円

(マネカレ指数とは)

2006年7月19日(水)をスタート・ポイントとして、毎週水曜日に

日経平均株価に連動する投資信託を1万円買いつづけた場合の

平均購入単価です。

マネー・カレッジの「夢をかなえるマネー術」の投資方法の参考に

していただくために計算しています。

このコーナーの説明はこちら

http://www.money-college.org/blog/campus/?p=2934

【編集後記】

こんにちは。マネー・カレッジ代表の木田知廣です。

「勝手格付け」で紹介したファックスDM、久しぶりに「やらかし」です。

いやね、集客に関してはいろいろあるんですよ。ホントは。たとえば以前、ある業界紙に12万円ぐらいかけて広告出したけれど、申込ゼロだったとかね。

でも、最近は社内で集客のノウハウも溜まって上手くいくかな~、と思ったんですけど、やっちゃいました。

そして、もっと口惜しいのは、ファックスDMって「どこが悪かったのか」が分からないんですよ。ファックスの文面が悪かったのか、それとも売り物が悪かったのか、はたまた開催時期が悪かったのか…。

これでは、PDCA、つまりプラン→ドゥ→チェック→アクションによる改善ができないので、もう手も足も出ない感じです。

あえて言い訳すると、こう言うのって経験も大事だと思うので、やってみたんですけどねぇ…。

すいません、今日はテンション低いままです。

direct marketing photoPhoto by HowardLake