私はけっこうお笑いは好きで、できるだけいろんな芸人さんを見るようにしています。まあ、半ば職業意識に駆られてってところはあるんですけどね。講師として人の注意を惹きつけるってのとお笑いは共通する要素があるので。たしか、お笑い芸人上がりで講師をやっている人もいたはずだし。てか、ウチでたまに講師をやってくれる西川さんなんてまさにそれだ。

なので、リズム芸とかコミカルな動きはあんまり興味がないんですよね。むしろネタをしっかりつくっていくタイプが好きで、ウーマンラッシュアワーさんは、そんな感じじゃないかな。あるいは、若手の中で一番好きなのはナイツかな。

で、そのウーマンラッシュアワー。メインでネタをつくっている方の村本さんが悩み相談コーナーに登場しているのをたまたま目にしました。てか、村本さんってそういうキャラだっけ?どっちかって言うと「性格悪い」みたいなのがウリだったような気がするので、悩み相談に登場するのはちょっと意外。しかも、悩みにまっとうに答えてるし。

で、読者からの悩みというのが、「プレッシャーに弱くて、プレゼンテーションがうまくできません」というもの。村本さん自身もプレッシャーを覚えることがあるそうですが、以前先輩芸人からかけられた言葉を糧に、その緊張を乗り越えてるとのこと。その言葉が、

いい大人になってから緊張するって体験ができるなんて、幸せ者だな。普通ならこんな経験できないんだから、緊張できることに感謝しなくちゃ。

というもの。村本さんはこの言葉を思い出して、

ドキドキしていた気持ちがワクワクに替わって、ステージが楽しめるようになりました。

とのこと。

ビジネスでのプレゼンにどこまで当てはまるか分かりませんが、一つの目安として、こんな考え方もあるのでしょう。

pressure photoPhoto by Lucie Bluebird-Lexington