って言うとかっこいいけど、要するに本題に入る前に会場をあっためましょうね、ということ。テレビの世界では「前説」ってのがあって、若手芸人なんかがコントをやるらしいけど、同じ感じですね。

要するに、聞き手の状態をセッティングすることが最大の目的。それも、言葉で「こういう風に聞いてくださいね」と伝えるのではなく、雰囲気として、「正しい聞く準備」ができていればベスト。

もしくは、研修の世界では「アイスブレーク」って言うと、それっぽく聞こえてかっこいいかな。

もちろんやる内容はいろいろあるけれど、下記のポイントは押さえておきたいところ。

●体を動かすこと

●声を出すこと

●セミナーの内容に関連すること

マネー・カレッジの1Day集中スクールに来てくれた人や、こないだのリーダー論理思考のセッションに来てくれた人は思い当たりますよね。あぁ、そう言えばこれを意識して設計されているなって。

逆に言うと、偶然や思いつきでやってるワケじゃないんですよね。すべて設計の上です。まあ、ホントのことを言うと、「いつやるか」というのはその場の流れにあわせているところもありますが。

今度やるマネー講師養成講座で、時間があれば解説しますし、他の講師も含めて参加者みなさんで意見交換しましょう。