こないだ人のマスを見ていて思った。
 「もっと左を上手く使わなきゃな…」
ということで、今日のテーマは、多彩な左を使いこなす。
考えてみれば、これまで左をあまり使ってなかった。基本的には、ジャブと返しのフックだけ。アッパーも使ってみようとはするものの、使いこなせてなかったし。マスを戦略的に構築できないのも道理ですな。

と言うことで、左を重点的に練習。
 LF
 LU
 LBF
かな。
LFは、2種類。引っかけるタイプと、上から振り下ろすタイプ。引っかける方は、拳を縦にしてたたく。一方、上から振り下ろすタイプは、肘を返して人差し指と中指のナックルパートを当てる(というか、空手でいう拳頭を当てると言うイメージ)。
LUは、モーションをできるだけ小さくして、突き上げる感じ。動作に入る前に右を動かすことでフェイント+カバー。
LBFは、左足に重心を移して、腰を切って拳があとからついてくる感じで。これも、右でフェイント+カバー。
ただなぁ、これ、入り方が重要なんだろうな。関節技でもそうだけど、最終形だけ覚えてもあまり意味はなくって、強い人はどうやってはいるかのバリエーションを多く持っていた。ここ、課題ですね。
ン?そうだ。また会長のビデオを見てみるかな。