米amazonのカーネギー人を動かすの話は私にとっても新発見でした。

 

■■ 夢をかなえるマネー術 Vol.396 ■■━━━━━━━━━━━━━━━

たぶん「これ」のせいで、私の会計セミナーは他とは違うはず…

(編集後記につづく)

<目次>──────────────────────────────

【1】「資料作成から発表までたったの4STEPでこんなに通る! プレゼン」を勝手格付け

【2】外国人が見た日本の不思議 プレゼンで 検索したのに カーネギー

【3】復活!銀座ランチマップ この味で わるくはないけど もう一声

【4】マネカレ指数 ~日経平均を1万円で買い続けるとどうなる?~

 

【1】マネー情報を勝手格付け~世にあふれるマネー情報、「使える」のはどれだ?

how to win friends photo

4月に異動した方は、そろそろ新しい職場に慣れた頃でしょうか?これからバリバリと仕事を…と言うときに参考になる本を今回は紹介します。

資料作成から発表までたったの4STEPでこんなに通る! プレゼン

「こんなに通る!」というところがポイントで、社内の企画やお客さまへの営業トークがうまくいくためのノウハウがまとめられています。

たとえば、キーマンを発見する「DMUマップ」という技法。

社内でもお客さま相手でもそうですが、誰が意思決定の権限を持っているのかを知ることは重要ですよね。そんな時に、マップ、つまり地図のように関係者を書きだしていくことで、隠れたキーパーソンを見つけだそうというものです。

なので、プレゼンテーションをする機会が多い方はもちろん、ビジネスで人を動かす必要がある方はぜひチェックしてみてください。

分 野 :☆ふやす ☆かりる ☆つかう ☆そなえる ★かせぐ

難 易 度:★★☆☆ (中級者向け)

オススメ度:★★★★

●データ

サービス名:資料作成から発表までたったの4STEPでこんなに通る! プレゼン

分 類 :書籍

発行頻度 :-

提 供 者:家弓正彦氏

閲覧者数 :-

H P :http://www.amazon.co.jp/gp/product/4756917666/

 

【2】外国人が見た日本の不思議~世界ナンバーワン経済紙ウォール・ストリート・ジャーナル記事~

「勝手格付け」ではプレゼンテーションの本を紹介しましたが、関連するクイズを1問。

米アマゾンで"presentation"と検索したとき、もっとも数多いレビューを集めているのはどのような本でしょうか?

答は、デール・カーネギー氏の名著、「人を動かす」。

英語のタイトルは"How to Win Friends and Influence People"、直訳するならばどのように友を作り人々に影響を与えるか、ですから、プレゼンテーションの本質はやっぱり相手の気持ちを動かすことなんですね。

 

【3】「銀座ランチマップ」~今週のイチオシは?~

最近はつけ麺にはまっていて、花月でも「豚そばつけ麺」というのをいただきました。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10204280969008772&set=o.287009508078805&type=1&theater

まあ、悪くはないんですが、なんていうか、「これ!」という感じもしなくって。

マネカレ・バリュー:★☆☆ (1つ星)

分煙状況:禁煙でした

アクセス:https://www.facebook.com/GinzaDeLunch

【4】マネカレ指数~日経平均を1万円で買い続けるとどうなる?~

乱高下ですね

2015年5月13日の

マネカレ指数: 11,658円

日経平均株価: 19,765円

これまでの投資金額: 4,410,000円

儲け: 3,066,609円

単純な利益率: 69.5%

1ビットコイン=237.11ドル=28,249円

(マネカレ指数とは)

2006年7月19日(水)をスタート・ポイントとして、毎週水曜日に

日経平均株価に連動する投資信託を1万円買いつづけた場合の

平均購入単価です。

マネー・カレッジの「夢をかなえるマネー術」の投資方法の参考に

していただくために計算しています。

このコーナーの説明はこちら

http://www.money-college.org/blog/campus/?p=2934

【編集後記】

こんにちは。マネー・カレッジ代表の木田知廣です。

「勝手格付け」で紹介した人を動かすプレゼンテーション、実は私は講師をやるときに意識しています。

今回紹介した本の冒頭には、「プレゼンテーション5つの大切なこと」というのがあって、それが、

・相手の欲求に準じて

・自らの主張を

・相手に理解してもらい

・納得・共感を得ることによって

・期待する行動を起こしてもらうこと

というもの。これってある意味教育の目的だと思うんですよね。「自らの主張」を「伝えたい学び」に読みかえると。

私は、教育とは新たな知識を伝えることで、相手のより良い動きにつながらないと意味がないと思っています。

たぶん、このせいで私の会計セミナーは「他とはちょっと違う」という評価をいただいているんじゃないかな。

もし、教えることに興味がある方ならば、私がこれまでやってきた教える手法を徹底伝授する講座がありますので、チェックしてみてください。

講師養成入門セミナー

 

初心者からステップアップまで、会計入門セミナー


講師はもちろん、プレゼンにも「効く」


ビジネスマン必須のロジカルシンキング

Photo by ka2n

この記事を書いた人

MBAの三冠王木田知廣

木田知廣

MBAで学び、MBAを創り、MBAで教えることから「MBAの三冠王」を自称するビジネス教育のプロフェッショナル。自身の教育手法を広めるべく、講師養成を手がけ、ビジネスだけでなくアロマ、手芸など様々な分野で講師を輩出する。

ブログには書けない「ぶっちゃけの話」はメールマガジンで配信中