(ちょっと前に)話題になった、三浦展著、「下流社会 新たな階層集団の出現」
を読みました。

ふーん、と言う感じ。なんだか、言いたいことがいっぱいありすぎて、何をいっ
ているかよくわからなかった。ひょっとしたら良いことを言っているかもしれな
いんだけど…

自分のみに引き戻して考えてみても、「そうだよなぁ」と思えるところが少な
かったのも、あまり面白いと感じられなかった原因のひとつでしょう。