今朝は目覚めた時から「何かが違う」と感じていた。

それもそのはず、今日から私は

 サッカー4級審判

である。苦労をしたが、昨日無事合格した。これからは、ハニーとラップにはハマッても、オフサイドトラップに引っかかることはありえない。

というのはさておき、日本サッカー協会の組織ってしっかりしてますね~。

今回合格したのは4級ですが、私のような市民レベル(というか、それ以下)でも、上級資格にチャレンジできるし、理屈上はPR (プロフェッショナル・レフリー)として、年収3,000万円を実現することも不可能ではありません。

し・か・も。

テキストとして配られたルール集を開くとまっさきに目に飛び込んでくるのが、「Dream」と題された、日本サッカーの50年後のビジョンを描いたページ。いわく、

 JFA2050年宣言

 FIFAワールドカップを日本で開催し、日本代表チームはその大会で優勝チームとなる

と。

V-SPROモデルをこれほど見事に構築してある運動体は、スポーツにおいてはなかなかないのではなかろうか。

これは想像だけど、日本においては野球という「国技」に比して、長らくマイナースポーツの地位に甘んじてきたサッカーだからこそ、その苦境を一丸となって乗り越えようと、ここまで体制を整備したんではなかろうか。

そう考えると、困難な状況によって組織が鍛えられたわけで、JoJo風に言うならば、

 北風がバイキングを作ったのだ

翻って、日本全体。

長らく続く不況でダメージを追ったところ、震災というノックアウトパンチを食らってダウン寸前。

でも、この苦境を一丸となって乗り越えれば、強くて公平な社会が実現できる…のではないかとちょっと期待している。