ビジネススクール時代の友達ペドロ君は、チリ人。

ところがこいつ、「ネゴシエーション」がドヘタクソ(はっきり言っちゃってスマン)。

「おまえ、大丈夫かよぉ~」

と心配して聞いたら、

「オレは、人を騙すようなマネしてまで交渉に勝ちたくない」 キリッ

おぉ、ビジネスマンとしてはどうかと思うが、男、いや漢らしいな。

なんでも、南米の中でもチリ人は真面目で通っているそうな。

四季がある国は、「やればやっただけ豊かになる」から、そういう国民性が育まれやすいのかも。逆に、あったかすぎると「さぼっても食える」し、寒すぎると「必死でやってもダメ」という風になりそうだし。

そのせいかどうか、日本人との相性もバッチリ。

大学でスペイン語を習ったソニア先生も素敵な方でした(はぁと)。

まあ、「アニータ」のような例外もいるので、安易な一般化はできませんが。

でも、彼女も日本人とチリ人が相性良いことの証拠かも?

なんてことを、交渉術のメルマガを書きながら思い出しました。