やや旧聞になりますが、青木真也選手がベン・アスクレン選手に敗れてしまいました。その感想です。

まず、何はともあれ、青木選手、お疲れ様でした。映像で見るだけでも体の厚みが違うのが分かって、体重差がある危険な試合だったと思います。引き込み狙いも青木選手が考え抜いた結論でしょうから、外野が何か言うのもアレなので…。いちおう、youtubeの動画を張っておきます。

 

青木選手といえば言動共に話題を振りまく人物ですが、インタビューとか読む限り、共感できるところも多いんですよね。格闘技って、プライドを機に一気にメジャーになりましたが、それってなんか違うんじゃないかと私は思っているので。大晦日のお茶の間に流すものじゃないだろう、と。

ていうか、盛り上がりが冷え込んだ今の状況ってどうなの?と思っちゃいますよね。実際、青木選手の試合だってメディアは取り上げないわけだし。「カネの儲かる」コンテンツとして大人の事情で人気が出るのって、長期的には問題じゃないかと思うんですけどね。

そういう中、青木選手みたいな考え方の人は貴重で、似たような人が増えると世の中がもっと面白くなると思います。てか、ビジネスでもイノベーションを起こせるのは、こういう人材じゃないかな。

mma ufc photoPhoto by Vegetarian-Vegan-Bodybuilding-Info