経済評論家の角川総一先生からいただきものをしました。

「5K1Bの図」なるものが印刷されたクリアフォルダで、主要経済ファクター間のメカニズムがわかるというもの。ちなみに5K1Bは、

  • 景気
  • 為替
  • 金利
  • 株価
  • 経済・金融政策
  • 物価

からなります。

なぜ宇宙の絵柄?という疑問はさておいて、こういうのを手元においておくと、アベノミクスや日銀の異次元の金融緩和などのニュースを聞いた時にどのように実体経済に影響が出るか「連想ゲーム」のように読み解けますね。

2013-08-28 11.52.24.jpg

ちなみに、芸が細かいというか、遊び心にあふれているというか、裏面の経済メカニズムの説明は「受験勉強法式」になっています。例の、赤い透明のシートをかぶせると、文字が見えなくなるというあれ。

2013-08-28 11.53.13.jpg

最近なんかいただきものが多くって嬉しいのですが、中でもこんな非売品のグッズは嬉しいですね。

角川先生、ありがとうございました!