研修やセミナーでグループワークを上手にやるコツってご存じでしょうか?

あ、この場合は、講師としてグループワークをどう設計してリードするか、ということではなく、一参加者としてどのようにグループワークに取り組むと、稔り多きものになるかという観点です。

答は、「接続詞」を意識すること。

だって、グループワークって言葉のやりとりじゃないですか。誰かが何かを発言したら、それに反応して次から次に意見を述べあうのが本来の形です。逆に言うと参加者それぞれが勝手な意見を言っているだけでは、議論にすらなっていません。まあ、たいていこういう場合は意見が出なくなって、「……」とビミョーな沈黙がつづいてしまうという自体になるわけですが。

で、その接続詞は、大きくは下記の7つに集約されます。

同意:「賛成です」などの言葉で賛意を述べる Agree

質問:「それって○○ということですか?」と、ある意見に関して分からないことを質問する Question

拡張:「それに関連することですが」と、ある意見に触発された、別のアイデアを述べる Enlarge

違和感:「そこにはちょっと違和感があって…」と。ある意見への違和感を述べる Disagree

対案:「○○というよりむしろ△△」など、違和感に基づいた別のアイデアを述べる Counter

交通整理:「その意見は先ほどの○○と反対ですよね?」など様々な意見をグルーピングしたり因果関係を整理する Structure

抽象化:「いろんな意見が出ましたが、要するに」など、様々な意見をまとめる Abstruct

最後の二つはちょっとマニアックですが、これを意識するだけでディスカッションが進んで、学びが大きくなります。

ホントは、ここら辺のことはディベートで学べるのですが、ディベートはどうしても「相手を論破する」という前提があるので、向かない人には向かないんですよね。

debate photo