最近の日経新聞の面白さたるやタダナラヌものがあるわけですが、その中でも白眉が「経済教室」。

とくに、2月20日(月)の岩本康志東大教授のは面白かった。

西欧社会が発展したのは「大分岐」と呼ばれる19世紀後半の出来事をきっかけとしてである、との説で、経済史が好きな人間にはウヒヒと言いたくなるような論。いわく、

 マルサスのわなを終わらせた産業革命を外生的な事件ではなく、
 経済発展の過程で内生的に生じる現象として描く

と。

要するに、

         マルサスのわな → ミッシングリンク → 近代経済成長理論
                     ローマーの規模効果
         --------------------------
                     ガローの統一成長理論

という構図みたい。

以下、備忘録的に(文章が今イチ分かりにくかったので、全体像を頭の中で構築できてない)。

 アンガス・マディソン「経済統計で見る世界経済200年史」
 オデッド・ガロー教授、「統一成長理論」
 ポール・ローマー教授、「規模効果」
 ロバート・アレン教授「小分岐」